688481_edited.png

​美味しいコーヒーの淹れ方

688481_edited.png
688481_edited.png

~​ハンドドリップで淹れる~

​ハンドドリップの中で最も手軽でポピュラーなのが

ペーパーフィルターを使う淹れ方です。

ペーパーフィルターは使い捨てなので器具の手入れは簡単です。

この機会にぜひハンドドリップの基本をおさえましょう。

688481_edited.png
688481_edited.png

​【必要器具を揃える】

ご用意していただく器具

①コーヒーを落とすサーバー

②お湯を注ぐドリッパー

③粉を入れるペーパーフィルター

④細口のドリップポット

※お湯を静かにゆっくり注げるように

 ポットの注ぎ口が細い物を選びましょう

​⑤コーヒーカップ&ソーサー

コーヒー ドリップ
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png

​【適した粉と分量】

688481_edited.png

カップ一杯分(約140cc)あたり10~12gが適量です。

​使うコーヒーの種類や焙煎度はお好みで構いませんが豆から挽く場合は「中細挽き」がおすすめです。

688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png

​①お湯を沸かしペーパーフィルターをセットする

飲みごろの温度に抽出するためにカップやソーサー等は

あらかじめ温めておきます。

お湯は汲みたての水道水などを使用しお湯が沸騰したら火を止め

表面のボコボコとした泡が鎮まったときが抽出に

理想的な温度(95℃前後)です。

ペーパーをフィルターにセットしたら

コーヒー粉を入れ全体にムラなくお湯を注ぐために

ドリッパーを軽く振り粉の表面を平らに均一にしておきます。

コーヒー 自家焙煎
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png

​②コーヒーを蒸らす

おいしいコーヒーを淹れるために必ずやっておきたいのが

「蒸らし」の時間です。

初めにコーヒーに少量のお湯を中心から全体に馴染むようそっと注ぎます。

粉全体に均一にお湯を含ませてから,20秒ほどそのまま待って蒸らします。

注ぐお湯の量は20cc程度、95℃前後が適温です。

サーバーにポタポタとお湯が数滴落ちてくるのを目安にして下さい。

 

「蒸らし」の時にコーヒーが膨らむのはコーヒーに含まれるガスが放出されるため。

ガスを出すことでコーヒーとお湯がなじみやすくなりお湯の通り道ができます。

つまり「蒸らし」の時間はコーヒーのおいしい成分を十分に引き出すための

大切な工程なのです。

コーヒー 蒸らし
コーヒー 蒸らし
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png

​③お湯を注いで抽出する

蒸らし時間が終わったらコーヒー粉の中心から「の」の字を描くように

お湯を注いでいきます。

その際なるべくペーパーフィルターの壁側にお湯が付いて濡らさないよう

気をつけながら注いでいきましょう。

表面の粉が沈み出したら次のお湯を注ぐようにします。

80cc→40cc→20ccと3回に分けて注ぐのが理想的です。

最後はコーヒーの雑味やアクも一緒に抽出されないよう

最後の一滴を待たずして程よくドリッパーを取り外します。

コーヒー 抽出
コーヒー 抽出
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png

​④コーヒーカップに注ぐ

事前に温めておいたカップに注いだら完成です。

いかがでしたでしょうか?

自分で淹れたコーヒーはより一段とおいしく感じませんか?

是非自分にあった手法を見つけて毎日のコーヒーライフを

楽しんでくださいね。

コーヒー 注ぐ
ドリップ8.jpg
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png
688481_edited.png